起業相談

起業するまでの流れ「会社を始めよう」実際に起業するといっても、会社を設立するまでの段階が必要です。起業するために大まかに必要なステップをご紹介します。


まず、どんな「会社」にする?

まず、どんな「会社」にする?社名よりも何よりも、まずは会社の基本となる事業計画が大事! 企画書みたいな大掛かりなものでなくていいから、とりあえずA4コピー用紙にエンピツで手書きで書いてみましょう。

これだけは決めておこう
事業内容:収入の根源となる会社の事業内容は、しっかり組み立てておきましょう
       (仕入れ方法、販売方法、販売ターゲットを決めておきましょう)
企業理念:社会において、あなたの会社が果たす役割は?取引先や顧客に宣言する企業理念を
        掲げましょう!

次へ


社名をつけよう!

社名をつけよう! あなたの「第2の顔」となる会社の名前です。
会社の特徴を表す、いい名前をつけましょう。

次へ


事務所を構えよう

事務所を構えよう会社として登記(*)するためには、事務所として申請できる住所が必要です。

これがおすすめ
・一人でも始められる手ごろな事務所がほしいなら、SOHOプラザ レンタルオフィスへ SOHOプラザ レンタルオフィス
・とりあえず仕事は自宅で始めて、住所だけ借りるなら、SOHOプラザ バーチャルオフィスへ SOHOプラザ バーチャルオフィス

ご注意ください
(*)個人事業主は自宅兼事務所で登記可能ですが、アパート、マンションなどの賃貸物件の場合には、事務所としての使用が許可されない契約の場合があります。ご契約の内容を確認の上、登記が難しいようでしたら、SOHOプラザ バーチャルオフィスの住所貸しサービスを利用されてはいかがでしょうか。  

次へ


会社を登記しよう

会社を登記しよう個人事業主、合資会社、合同会社、株式会社など、会社の種類によって登記方法は異なります。
個人事業主
所轄税務署に「個人事業の開廃業等届出書」を提出します。
合同会社・株式会社
法務局へ届出をします。書類手続きなど行政書士、司法書士の代行も可能です。

困ったときは
→税理士、司法書士、行政書士など専門家を紹介  スタンディングエッグ コンサルティングお問い合わせへ

さあ、これであなたも「社長」です。あなたの夢や希望をカタチにして、社会に羽ばたいていけるようがんばってください!

※この [ 起業するまでのフロー] は、起業までの大きな流れをご紹介しておりますが、
  上記内容がすべてではありません。ご了承ください。


メールでのお問い合わせはこちら