1. スタンディングエッグトップ
  2. 会社概要 - スタンディングエッグとは

スタンディングエッグとは

夢へはばたくベンチャーのために生まれました/企業に必要な「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」

企業に必要な「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」一般的に企業が必要とする資源は「ヒト」「モノ」「カネ」「情報」と言われます。「ヒト」とは新しいアイデアや技術を考えて実行する人。「モノ」とは事業を始める素となるシーズ(種)で、アイデア(コンセプト)や技術など。「カネ」とは事業を進めていくのにかかる資金。「情報」とは正確な判断を下し、競争力を持つための資料やデータのことです。この4要素がバランス良く揃うことによって、企業は成功に近づくのです。

4要素を集結させる中核として

しかし、ベンチャービジネス後進国といわれる日本では、ベンチャーといわれるような小規模の企業体がこれら4要素を兼ね備えて事業を進められるような仕組みが無く、アントレプレナー(起業家)が単独で試行錯誤しているばかりで、ベンチャービジネスが前進していないのが現状です。そこでアントレプレナーが補えない要素をサポートしてくれる仕組みをつくり、事業を成功させることを目的としてスタンディングエッグは誕生しました。スタンディングエッグは点在する4要素を集結させる中核としての役割を持ち、バランスの摂れた事業を創り上げ、成功事例を多く輩出し、日本にベンチャービジネスが根付く一翼を担うことを目指しています。